第23回 研究会報告

WORKSHOP RIPORT

概要

  • 会期   :2014年7月26日(土)〜7月27日(日)
  • 会場   :筑波山ホテル 青木屋(茨城県つくば市)
  • 当番世話人:藤森 実(東京医科大学茨城医療センター)
第1日目 7月26日(土)
12:00〜受付開始
13:25〜研究会
13:25開会の挨拶 当番世話人:藤森 実
13:30〜14:00一般演題1 座長:小川 朋子(三重大学医学部付属病院乳腺センター
1.  F-FDG PET/CTのSUV値と生物学的特性との相関からみた乳癌の悪性度と予後に関する一考察
   武田 康隆(結核予防会複十字病院 乳腺センター乳腺科)
2.  乳癌の悪性度診断におけるMRIの有効性;特にT1、ADCとki67 indexとの関連性について
   君島 伊造(北福島医療センター 乳腺疾患センター)
3.  80歳以上の高齢者トリプルネガティブ乳癌に対する経口抗癌剤による治療経験−2例の報告
   君島 伊造(北福島医療センター 乳腺疾患センター)
14:00〜14:30一般演題2 堀口 淳(群馬大学医学部臓器病態外科学)
4.  エリブリンと内分泌療法薬の同時併用効果に関する基礎的検討
   紅林 淳一(川崎医科大学 乳腺甲状腺外科学)
5.  乳房皮膚におけるエラスチンの年齢別含有率とその分布
   野呂 綾(三重大学医学部付属病院 乳腺外科)
6.  腫瘍免疫逃避機構における可溶型CD155の役割
   井口 研子(筑波大学医学部医療系乳腺甲状腺内分泌外科)
14:30〜15:00一般演題3 座長:紅林 淳一(川崎医科大学 乳腺甲状腺外科学)
7.  Estrone Sulfate 依存性 Aromatase Inhibitor 耐性ヒト乳癌細胞株の増殖機構
   樋口 徹(群馬大学大学院臓器病態外科学)
8.  閉経後ホルモン感受性乳癌におけるAndrogen 代謝によるAromatase 非依存的ER活性化機構と新規治療の可能性
   花村 徹(信州大学大学院医学系研究科 外科学分野)
9.  タモキシフェン耐性乳癌細胞株における抗癌剤耐性の解析
   渡邉 隆之(信州大学医学部付属病院 乳腺内分泌外科)
15:00〜15:30一般演題4 座長:日下部 守昭(東京大学大学院農学生命学研究科)
10. KPL-1 ヒト乳癌細胞株に対するミード酸の腫瘍抑制効果
   木下 勇一(関西医科大学病理学第二講座)
11. 粒子線治療に関連する放射線が小児の正常乳腺組織に及ぼす二次発がん影響の実験的評価
   今岡 達彦(放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター 発達期)
12.  Vegf-c siRNA 発現ベクターではマウス乳癌転移を抑制したが、Vegf-dsiRNA ではその作用は発揮されなかった
   柴田 雅朗(大阪保健医療大・院 解剖学 病理組織学研究室)
15:30〜15:40コーヒーブレーク
15:40〜16:20一般演題5 座長:伊藤 研一(信州大学医学部付属病院 乳腺内分泌外科)
13. 乳癌におけるTopoisomerassella 発現と抗癌剤感受性及び臨床病理学的因子との比較検討
   時庭 英彰(群馬大学医学部付属病院 乳腺内分泌外科2)
14. ER 陽性原発性乳癌におけるOrganic Anion Transporter Peptides(OATP)と臨床病理学的因子との関連性について
   内田 紗弥香(群馬大学大学院 臓器病態外科学)
15. 腫瘍内不均一性が予後に与える影響の解析
   及川 将弘(九州がんセンター乳腺科)
16. トリプルネガティブ乳癌におけるTCGAデータを用いた同時共起性および相互排他性遺伝子解析
   藤田 知之(東京医科大学 茨城医療センター 乳腺科)
16:25〜アナウンスメント
16:30〜17:00幹事・評議員会
18:30〜20:30懇親会
第2日目 7月27日(日)
9:10アナウンスメント
9:15〜9:45一般演題6 座長:柴田 雅朗(大阪保健医療大学院 解剖学・病態組織学)
17.  細胞培養系および生体移植系におけるマウス乳腺腫瘍由来樹立細胞の増殖に及ぼすニンニクエキスの効果
   金澤 卓弥(茨城大学農学部)
18.  cDNA マイクロアレイによるテネシイン-C ノックアウトマウスの腫瘍の遺伝子発現プロフィール解析
   松本 香織(東京大学大学院 農学生命研究科 獣医外科学)
19.  マウス 乳癌好発系 C57BL/6MT(+)の樹立
   鈴木 悠加(三重大学大学院地域イノベーション学)
9:45〜10:15一般演題7 座長:森下 由紀雄(東京医科大学茨城医療センター病理診断部)
20.  乳癌におけるDJ-1 の臨床病理学的意義
   岩屋 啓一(防衛医科大学校病態病理講座)
21.  Ki-67 labeling index の針生検検体と手術標本における比較
   吉田 一也(北福島医療センター 乳腺疾患センター)
22.  乳腺 solid papillary carcinoma3 例の細胞病理学的特徴
   柏木 淳一(東京医科大学茨城医療センター病理診断部)
10:15〜10:30コーヒーブレーク
10:30〜11:30特別講演 座長:藤森 実(東京医科大学茨城医療センター乳腺科)
新しい世界を開くサーチフロンティア(Exploring New Research Frontiers)
   江崎 玲於奈(横浜薬科大学学長、茨城県科学技術振興財団理事長)
11:30閉会の挨拶 今井 俊介(奈良市立病院 病理科)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文